掛川市森林組合
掛川市森林組合
TOP>FSCへの取組

FSCとは

 責任ある森林管理から生産される木材とその製品を識別し、それを消費者に届けること

責任ある森林管理を消費者が支える仕組みをつくる認証制度です。責任ある森林管理か

生産された木製品にはFSCマークが付けられ、流通します。


 FSCは10の原則と70の基準に基づき審査され、全ての基準について大きな問題がないと

確認された場合にのみ与えられます。これら基準は世界的に統一されたものであり、第三

者機関が審査・認証するということから、信頼性と透明性の高い森林認証と言えます。

責任ある森林管理

FSCの基準は環境・経済・社会のバランスをとってつくられています。木を利用しないことで森林を守るのではなく、

下記の原則や基準に則り、責任ある管理を行うことで森林を守っていくというものです。

(10の原則)

1.法律や国際的な取り決めを守っている

2.労働者の権利や安全が守られている

3.先住民族の権利を尊重している

4.地域社会の権利を守り、地域社会と良好な関係を保っている

5.森林のもたらす多様な恵みを大切に活かして使っている

6.環境を守り、悪影響を抑えている

7.森林管理を適切に計画している

8.管理計画の実施状況を定期的にチェックしている

9.保護すべき価値のある森など(HCV)を守っている

10.管理活動を適切に実施している


なぜFSCなのか

1.会員による意思決定

 FSCは、会員が民主的に運営をしている制度です。

 社会、環境、経済分野に属する800名を超える会員が、世界中の森林を守るための正しい指針作りを支えています。

2.最高水準の規格

 FSCの規格は、森林認証制度の中で世界で一番高い水準を維持しています。 

 これによってFSC認証林は、適切に管理されていることが最大限保証されます。

信頼性で選ばれる認証制度

 FSCは、信頼性の高さから多くの企業に選ばれています。

 全米総収入上位500社間(Fortune 500)で最も選ばれている認証制度です。

世界で一番普及している

 木材認証制度FSC認証材は、100を超えるマーケットに届けられており、FSCは木材認証制度の中で世界で一番多くの認証を発行しています。

確実に森林を守る

 FSCは、世界中の森林認証制度の中で最も高い水準で自然林の保全や絶滅危惧種の保護を推進しています。

6.有力なサポーター

 FSCは、世界で最も大きく、最も評価されている環境NGOが会員となりサポートしています。 

 例えばグリーンピースや世界自然保護基金(WWF)は、森林認証制度の中でFSCを最も支持すると発表しています。

高い透明性

 指針や規格作り、見直しの際の手続や意思決定はすべて公開され、誰でも意見を述べることができます。

 また認証製品は独立した第三者監査を経て作られています。

世界中で一貫した規格

 世界のどこで管理されている森林であろうと、適用される規格は同じ原則と基準に基づいています。

地域性も反映

 FSC認証林の審査には地域の利害関係者からの意見が必ず反映されます。

 また森林の評価に用いられる規格も国内専門家によって、地域性が反映されます。

10唯一認められた森林認証制度

 FSCは、森林認証制度で唯一国際社会環境認定表示連合(ISEAL)のメンバーです。



遠州森林認証グループ

■取得の経緯

 戦後植えられたスギやヒノキといった森林資源は成熟されつつあり、これから活用の流れが

加速していきます。その中で重要になってくるのは、“責任ある森林管理”です。

 ただ伐って使うだけでは環境破壊につながりかねません。循環資源である地域の森林に対し、

社会・環境・経済の調和のとれた森林管理を行い、木を使っていくことが、掛川の森を守るため

に重要です。

 そのような想いのもと、遠州地域の5団体が力合わせ認証取得に向けて動き出し、

平成29年3月22日に認証を取得しました。


 掛川の森を未来へつなげる


先人達が育ててきた掛川市北部の森林は、近年の間伐作業により資源として充実しつつあります。

これを活かし、森と人の暮らしに新たな循環を生み出していきます。


■グループ構成員(5団体)

掛川市森林組合、森町森林組合、静岡県中遠農林事務所、掛川市、森町


認証取得状況


森林認証位置図

【PDF】森林認証位置図(掛川サイト分)



森林認証位置図

【PDF】遠州森林認証

掛川市森林組合 〒436-0335 掛川市大和田320-1 TEL.0537-25-2111 FAX.0537-25-2113 アクセスマップ