掛川市森林組合
掛川市森林組合
TOP>木を利活用し、木とともに暮らす

木を利活用し、木とともに暮らす

 森林資源とは、森林から得られる様々な産物のことです。地域の森林資源を有効活用することは、森林組合の大切な仕事のひとつです。近年までの林業は、外国産材の輸入や代替品の出現による木材価格の低下、林業従事者の高齢化に加えて後継者の不足と厳しい状況に置かれていました。これは、掛川の山林でも言えることで、戦後植林した山は間伐が遅れ、公益的機能が十分発揮できていませんでした。また、森林組合の施業も、木材需要の低下などを理由に、木材搬出量を減らし、伐り捨て間伐を中心に行ってきました。


 しかし、最近になって少し状況が変わってきました。戦後に植林された木は50~60年の年月を経て、収穫時期に達し、森林資源が充実しつつあります。一方で、県内では合板工場やバイオマス発電が進出することで大きな需要が生まれ、また、住宅分野での地域材の需要も少しずつ高まってきています。
今後は、充実してきた森林資源を活かし、これらの需要に応えていく必要があります。

 森林組合ではこれらの実現のため、今後、計画的な利用間伐を推進してまいります。同時に低コスト生産システム、原木流通の改革の確立を行い、組合員の皆様の山、掛川の山を健全な状態で守り育てながら、森林資源の有効活用を図ってまいります。


 近年、「食」の安全・安心に対する市民の意識の高まりとともに、生産者と消費者の信頼関係や、フードマイレージを少なく、地産地消推進、といった考え方が広く認知されるようになりました。
 では「住」についてはどうでしょうか?「地域の風土で育った木を、同じ地域で使うほうがよい」とされながらも、残念ながら今は、地域の木材を地域で十分に使っているとはいえない状況です。
 充実しつつあるかけがわの森の木を活かすため、また一本一本木を植え育ててきた先人の努力に報いるため、今後地域材の活用を推進していけたらと考えています。また、そのことで森林所有者と建築主さんの交流を生んだり、都市に住む人の森林や木材に対する理解を深めたりするきっかけとなればと考えます。
 具体的には次のことを推進してまいります。
1.低コストで素材を供給できる森林づくりをさらに進めること。(境界の保全・間伐の推進・作業路・技術の継承と開発)
2.地元の製材さんや建設会社さんと地産地消の家づくりネットワークをつくっていくこと。
                           3.材木の適正な品質を確保すること。
                           4.地域材の住宅についてPRをつづけること。  

木の活用事例

■建物偏1 森林組合新事務所

 森林組合では、地域材の利用を率先して実行しています。その最も代表的なものが、森林組合の新事務所です。当組合の新事務所は平成29年に竣工しました。木材は主に掛川市内で私達が間伐した材を利用しており、木の暖かみがある事務所となっています。


■建物偏2 宮脇公民館

■資源偏 薪

原油高騰の中、森林のエネルギーに再び注目が集まっています。燃料といえば「油」の時代ですが、ここでは燃料は「木」です。昔は当たり前でしたが山の恵み、木の恵みを燃料として利用するのです。薪には、一般にカシやナラなど堅い雑木が薪に向くとされていますが、しっかり乾燥していればスギやヒノキでも大丈夫です。

 遠赤外線効果は体の芯を暖めてくれ、炎は、空気の流れや材種によって、様々な色・形を見せてくれます。
燃えゆく姿にじっと見入ってしまうのはなぜでしょう?炎には不思議な魅力があります。

 当組合の事務所にも薪ストーブがありますので、現物を見てみたい方はいつでもお越しください。なお、当組合では薪用材の販売も行っています。薪が欲しい!!という方は是非お問い合わせください。

■木製小物偏

 木で作られた小物には素朴な暖かみがあります。この独特な暖かみはプラスチックや金属には出せません。また、同じように作られていても良く見てみると1つ1つ違いがあります。それは年輪の“模様”であったり、利用した木材の部分によって違う“色身”であったりです。模様、色といった微妙な違いについて、自分が納得いくもの探してみるのは楽しいものです。
 木といえば香りもあります。作りたて、開封したての木製品からは木の香りがします。樹種によって違うのはもちろんですが、防虫効果等があるものもあります。

森林組合では木をもっと身近に感じてもらえるよう、木製小物の企画・作成にも取り組んでいます。

掛川市森林組合 〒436-0335 掛川市大和田320-1 TEL.0537-25-2111 FAX.0537-25-2113 アクセスマップ